NHKスタジオパーク ワンワンとピカピカブー にこにこパーク

育児

今日は渋谷と青山周辺を満喫コースでした!

NHKスタジオパーク

渋谷 半蔵門線のエレベーター

朝ごはんのあと急いで準備して渋谷へ。

半蔵門線を降りるとエレベーターは1番先頭車両の方なので、とにかく歩きました。

エレベーターを降りると改札が1つだけ、そこを出て目の前のエレベーターで地上に出ることができました。

エレベーターを降りるとスクランブル交差点のそばのTSUTAYA前に出ます。

忘れないようにメモ。

西武の通りを進んでモディが見えたら左に曲がり、代々木公園方面へ。

渋谷駅から徒歩10分くらいでNHKのスタジオパークに到着!

ワンワンとピカピカブー 整理券

スタジオパークは普段大人200円、子どもは無料となっていますが、無料公開デーがあり、毎週水曜日のワンワンとピカピカブーの日も無料です。

10時からワンワンとピカピカブーの整理券の配布が始まり、10時ちょうどくらいに着くとすでに行列が出来ていましたが10時30分の回の整理券をもらうことができました。

公演は10時半、12時半、15時の1日3回で、どの回になるかは選べないので、ちょうどいいタイミングで並ぶのが難しそうです。

ベビーカーは会場には入れないので公演前に屋外ですが屋根があるところに預けます。

公演が始まる10時半まで少し時間があったのでスタジオパーク内を散策。

ギリギリ5分前に会場に入りました。

会場は狭くて歩き回るスペースもないので、静かに待てない子たちはギリギリまで外で遊ばせているのがいいかも。

公演は10分くらいで短いですが、ピカピカブーともう一曲、今回はおにぎりの曲をやってくれました。

ワンワンに大興奮の子もいましたが、うちの子は終始ワンワンをじっと見つめるだけでした。

でも興味があるときしかしないので、楽しんでくれたかなーと思います!

キッズワールド

ピカピカブーのあとはキッズワールドへ。

スタジオパーク内はほかにもたくさんフロアがありますが、今回は子どもたちが1番楽しめそうなキッズワールドだけに行きました。

キッズワールドは6歳未満の子どもと保護者だけが入れるところで、おかあさんといっしょ、いないいないばあなど子どもたちに大人気の番組を中心につくられています。

大きなスロープで地下に進むと、おかあさんといっしょのおにいさんおねえさんがテレビ画面に映っていて一緒に踊ったりできるスペース、パッコロリンのボール入れができるスペースがあります。

パッコロリンのコロコロウォールは子どもたちに大人気で、ほとんどここで遊んでいました。

ほとんど歩ける子たちばかりの中で頑張って遊んでいる子。

この奥にもたくさん展示があって、写真を撮る親子でいっぱいでした。

たくさん歩いて楽しそうでした。

代々木公園

そのあとは隣にある代々木公園で遊びつつ、子どもたちにお昼ごはんを食べさせました。

落ち葉を拾ったり、階段を登り降りしたり、石を食べようとしたり、たまには自然に触れるって大切だなーと実感。

お昼寝 ゆっくりランチ

お昼寝中に母はゆっくりランチ。

2時間近くベビーカーで寝てくれたので本当にゆっくりできて幸せでしたーーー。

渋谷パルコの裏くらいにあるロイヤルガーデンカフェ、ベビーカーでも入りやすくて子連れも多くてとってもよかったー!

ランチもとってもおいしい!

カレードリア

プチデザートのチーズケーキ

にこにこパーク

お昼寝から起きたタイミングでお店を出て渋谷から半蔵門線で青山一丁目へ移動。

神宮外苑の中にあるにこにこパークへ行きました。

にこにこパークは大人300円、子どもは2歳以上100円の有料の公園で、平日でもたくさんの親子でにぎわっていました。

広々とした人工芝の上にはロディがたくさんあって自由に遊ぶことができます。

土ではなく柔らかい地面なのも高ポイント、汚れるのが最小限に抑えられます。

せっかく着いたのにとっても機嫌が悪くて手がつけられない状態で、おやつにパンを食べてしばらく抱っこしていたら、、、うんち。

うんちがしたくてでも出なくて、グズグズだった模様。

スッキリしてからは閉園の16時半までしっかり遊べてよかったー!

広い人工芝もあるので、ハイハイくらいの子でも楽しめそう。

今日は小さな滑り台に夢中で何回も何回も滑っていたけど、次回は何に夢中になるのかなあ〜また遊びに行きたいなー!

育児
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
あみをフォローする
Mama Life
タイトルとURLをコピーしました