卵巣嚢腫 手術当日

手術当日 絶食

当日朝起きるとすぐ浣腸でトイレへ。

浣腸のときにパンツの出血を看護師さんに教えられ生理開始が発覚。

まずは生理痛に苦しむことになりました。

前日22時から禁飲食のため、当日は朝から絶食でした。

お水もダメなので、いつも起き抜けにお水を飲む習慣のある私はカラカラでとても辛かったです。

点滴開始

浣腸のあとは点滴が入れられました。

まずは栄養補給の点滴で、手術は朝晩で感染症予防の抗生剤の点滴だそうです。

点滴はやっぱりぐさっと刺される感覚で痛くて全然慣れない、、

私の手術は3件目だそうで、大体お昼過ぎくらいからと言われていて、ただただ病室で待っていました。

手術へ

12時ごろ呼ばれてナースステーションへ向かい、パパとはそこでお別れして看護師さんと2人で手術室へ向かいました。

手術室では先生たちが待機していて、手術用のハットをかぶり、名前と生年月日を言って最終確認をしました。

手術台に上がり、看護師さんがまずは指輪を外すのに取り掛かり本気で力いっぱい引っ張っても痛いだけで全く抜けず、結局全身麻酔をしてから抜くことになりました。

最悪切ることもありますと言われました。

その後10秒くらいで意識がなくなりますーと言われて3秒くらいで寝てしまい夢を見ているうちに手術は終了。

手術後

手術は2時間くらいかかったようですが、私には本当に一瞬でした。

手術室でうっすら意識が戻り、終わりましたよー、お部屋戻りますねー、と言われうなずいて、またうとうとしながらもガタガタ運ばれていくのはわかりました。

せーのでベッドに戻されるのも記憶にはありますが感覚は全くありませんでした。

ベッドに戻ったときにうっすら覚えているのが、寒いような感覚があってすごくガタガタと震えていて、電気毛布でくるまれていました。

全身麻酔は初めての経験なので不思議だらけでした。

そのあと徐々に意識がはっきりしてきても、うまく口が動かせないのではっきり話せないし、少し声を出すだけですごく疲れました。

気付いたらすごく暑くて汗をかいていたので、電気毛布は外してもらいました。

普通の生活ができるのってすごいことなんだなあーとまた実感。

少しパパと話して、もうお迎えの時間なので行ってもらい、私はまた寝ました。

少し痛いなあと思い痛み止めの点滴をお願いしたら、すぐに痛くなくなりびっくり!

産後の痛みもこんな風に痛くなければいいのになあ、、、

でも寝返りを打とうとするとやっぱり痛いし、尿管も入っているのでそれも痛みました。

そのまま寝たり起きたりを繰り返して朝になりました。

卵巣嚢腫
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
あみをフォローする
Mama Life
タイトルとURLをコピーしました