妊娠5ヶ月

安定期

最近では妊婦に安定期はないという考え方が定着しているようで、16w5dで産院での検診がありましたが、特に安定期などとは言われませんでした。

一般的には安定期に入ると戌の日に安産祈願に行ったり、つわりがほとんどなくなるため少し外に出やすくなるといわれています。

妊婦帯 腹帯

妊娠5ヶ月の17週に入ったところで急にお腹が重くなったように感じました。

それまで通勤で歩く程度ならいつも通りの速さで歩けていたのですが、それではお腹が痛くなるため、ゆっくりと歩くことにしました。

また歩くたびにお腹が重く感じるようになったため、初めての妊婦帯を買いに行くことにしました。

今はネットでもたくさんの種類が売っていて、最初はネットで注文してみようと探し始めたのですが、腹巻きタイプ、腰痛対策の骨盤ベルトタイプ、さらしタイプなど、種類がありすぎて決められませんでした。

そこでアカチャンホンポで実際に試着してどのタイプのどのサイズがいいのかを確認することにしました。

アカチャンホンポには店舗によると思いますが、常時10種類ほどの妊婦帯を用意してあるので、好きなものを試着することができました。

まだ妊娠5ヶ月でお腹はそこまで大きくないため腰痛などはなく、またユニクロのお腹をすっぽり覆うタイプのマタニティパンツを履いているため、腹巻きタイプでは夏に向けて暑すぎると感じました。

さらしタイプはとても値段が安いのですが、自分で上手にまけるかどうかが不安でした。

そこでマジックテープで固定するタイプの妊婦帯で、お腹の部分は伸縮性のある薄い布で作られているものを購入することにしました。

マタニティ用品で有名な犬印とアカチャンホンポのコラボ商品で、サイズも2種類あるため、妊娠後期には大きいサイズに買い換えることもできます。

妊婦帯を着けると歩くのが格段に楽になりました。

下からしっかりと支えてくれるので、お腹の揺れが軽減されお腹の赤ちゃんにもよいのではないかと思いました。

胎動

17w0dの夜、寝るときに横になったとき、かすかにお腹がくすぐったいような、内側から動くような感覚がありました。

それが胎動とはわからず、その日は不思議な感覚のまま寝てしまいました。

その後17w3dで、同じように内側から魚が跳ねるようなピチピチとした動く感覚があり、前回以上にはっきりとわかりました。

これが初期の胎動のようで、お腹の中で金魚などの小さい魚がピチピチ動き回っているような感覚が、横になったり座ったりして落ち着いているときに感じるようになりました。

くすぐったくて寝る前に気になることもありますが、お腹の赤ちゃんを身近に感じられてとても嬉しいです。

体重管理

つわりもなくなり、お腹も大きくなってきて、いよいよ体重管理に気を配るようになりました。

産院の検診では今のところ体重に関することは言われていませんが、言われずに出産を迎えることを目標にしたいと思います。

現在妊娠前からプラス2キロほどですが、次の検診ではプラス1キロ程度におさめないといけないと思い、食事に気を付けていきます。

足の痛み

左足の付け根から足首までが座っているとズキズキと痛むのが突然15wごろから始まり、16wでピークを迎えました。

15wの頃は仕事中痛みがあると少し伸ばしたり、立ち上がることで解消できていましたが、16wでは仕事中に座るときはもちろん、休日に車に乗るときや家で横になったときでもズキズキと痛むようになりました。

横になると痛むのは眠れないので本当に辛かったです。

産院で聞いてみると、子宮の形は左右でバラつきがあり、私の場合は左に偏っているようで、その偏って大きくなった子宮が足の付け根にある神経を圧迫することで足の痛みになっているそうです。

まれに歩けなくなるほどの人もいるそうですが、妊娠中ずっとではなく、子宮の形は赤ちゃんの成長に合わせて絶えず変化しているので、子宮が正しい位置に戻ることで必ず痛みは無くなります、と励ましていただきました。

その通り産院で先生に聞いた翌日、朝起きたときに足の痛みが無く、仕事中も一日中座っていられるようになり本当に楽になりました。

むくみとは全然違う痛みなので不安になりましたが、先生に聞いてみてよかったです。

妊娠中の引っ越し

18wで引っ越しをしました。

妊娠前から決まっていた引っ越しですが、たまたま5ヶ月に入ったタイミングだったので体調も安定し妊婦にしてはとても順調に引っ越しができました。

荷造りは座って行う作業を中心に、重い物は持たないように気をつけました。

体調が安定しお腹も大きすぎないこの時期はついつい今まで通りの動きになりがちですが、少し頑張りすぎたな〜と思うときはやはりお腹が張ってきたので、休憩しながら行いました。

台所の食器類を一気に出してから座り、新聞紙でひたすら包み段ボールに入れる作業を中心に行い、軽い物が多くて狭いお風呂周りやトイレの荷造りを担当しました。

また詰める作業は軽くて簡単にできますが、詰め終わった段ボールは意外に重くなるものなので、それを持ってしまわないように気を付けました。

引っ越し業者さんが来てからはソファの運び出しが最後になるように配慮していただき、ギリギリまで座っていることができましたが、それでも1時間弱は立ちっぱなしになるので、体調を考えながら、旦那さんに立会いをお願いしてどこか違う場所で終わるのを待つといったことも必要になってくると思います。

妊娠
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
あみをフォローする
Mama Life
タイトルとURLをコピーしました